これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

古江彩佳(左上)、渋野日向子(右上)、畑岡奈紗(左下)、笹生優花(左下) 写真:Getty Images

TOUR

WOMEN'S 海外

米女子ツアー2022シーズン終了!古江彩佳、渋野日向子、畑岡奈紗、笹生優花の1年を振り返る

2022.11.22

◆米女子ツアー<CMEグループツアーチャンピオンシップ 11月17日~20日 ティブロンGC ゴールドC(米フロリダ州) 6556ヤード・パー72>

CMEグループツアーチャンピオンシップで、米女子ツアーが今季の全日程を終えた。シーズンを通して戦った畑岡奈紗、渋野日向子、笹生優花、古江彩佳の4人が過ごした1年間を改めて振り返り、それぞれの思いに迫る。

粘り強い戦いで結果を出した古江彩佳

今季安定した活躍を見せた古江彩佳 写真:Getty Images

 2022年、もっとも成長を見せ、シーズンを通して安定していたのは古江彩佳だろう。最終戦も、終わってみれば25位タイと日本人最上位。常に粘り強くプレーしていた1年を、こう振り返った。
本文
>>アメリカ帰りの古江彩佳が国内ツアー7勝目をあげニッコリ!
 「予選も多く通過できたし、優勝もできました。ルーキーシーズンとしてはいい1年だったと思います。いろんな芝の上でたくさんのことを経験できた充実した1年でした」。

 2019年、19歳でアマチュアとして富士通レディースに優勝し、そのままプロ転向。プロ最初のシーズンは、コロナ禍で2020-2021年が一緒になる特別なものだったが、ここで賞金女王争いをした後、米ツアーQシリーズを経て米ツアーに乗り込んだ。その1年目だった。

 体が大きいわけでもなく、飛距離も特に出るわけではない。それでも、バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレーで2位となり、欧米の強豪が集まった7月のトラストゴルフ女子スコティッシュオープンでは初優勝を飾っている。
 さらにすごいのは、27試合に出場して予選落ちが全米女子オープン、全米女子プロなど3試合しかないことだ。コツコツと最終日までプレーして、しっかりと賞金とポイントを稼いでいる。

 4試合しか出場していない日本でも、しっかり富士通レディースで優勝。集中力の高さも見せている。米ツアーに慣れた2年目の活躍が楽しみだ。

「悪いとしか言いようがない1年」と渋野日向子

波のある1年だったが来季の出場権はキープした渋野日向子 写真:Getty Images

 渋野日向子は、率直に苦しかったシーズンをこう、表現した。

 「悪いとしか言いようがない1年だったので残念ですね」。

 序盤にロッテ選手権で2位となり、メジャー初戦のシェブロン選手権は4位タイ。2019年に優勝した全英女子オープンでも優勝争いの末、プレーオフに1打及ばず3位に入っている。

 だが、どうにもならない試合も多かった。 全英の前には、全米女子オープンを始めとするメジャー3試合を含む4試合連続で予選落ち。ショットは安定せず、パットも入らないという状況のラウンドが少なくなく、精神的にも辛い思いを味わった。

 それでも、2023年の出場権はしっかりキープ。「来年も1年間戦えるということで、もう少し頑張らないと。1年間がすごく早く感じるので、1日1日を大切にしないとと思います」と、自らに言い聞かせた。

悔しい締めくくりとなった畑岡奈紗と「楽しめました」という笹生優花

畑岡奈紗は今季もメジャータイトルには手が届かなかった 写真:Getty Images

 畑岡奈紗も、悔しい思いを抱えてシーズンを締めくくることになった。

 最終戦最終日を首位に7打差7位タイでスタートしながら、トリプルボギー発進でまさかの『80』。最後のラウンドが大叩きになり、41位タイという結果に終わったからだ。

 昨年は、賞金女王をかけて優勝争いの末、2位になった最終戦だけに、リベンジの気持ちが強かったが、「自分の悪いところが出てしまったかな。望むような結果にならなかった」と唇をかむ。

 4月のDIOインプラントLAオープンでツアー通算6勝目を挙げたが、目標に掲げるメジャータイトルは今年も取れずじまい。全米女子プロゴルフ選手権5位タイ、全英女子オープン7位タイなど、メジャーでも上位に入っているが、もどかしい思いが募るシーズンとなった。

 「最低1勝と言う最低限はクリアできました」と、何とかポジティブな言葉を探した畑岡。本人としては不本意かもしれないが、米ツアーも6年目となり、ツアーにどっしり腰を据えて次のシーズンに備える。

笹生優花は来季もスケールの大きいゴルフに期待 写真:Getty Images

 2021年全米女子オープン王者、笹生優花は、「勉強になることもあって楽しくできた1年でした」と明るい表情で最終戦を終えた。

 60人しか出場できない試合で、3日を終えて最下位にいたが、最終日は2アンダーで回って59位タイでも、マイペースは変わらない。

 今季は、開幕戦ヒルトングランド・バケーションズ・トーナメント・オブ・チャンピオンズで6位に入り、2戦目のゲインブリッジLPGA atボカラトンでも3位と幸先のいいスタートを切ったが、その後が今一つ。波のあるプレーが多かったが、状況を冷静に受け入れ、常にベストを尽くす姿勢を変えずにプレーを続けた。

 ツアー第3位の飛距離(平均275.61ヤード)を武器に、来季もスケールの大きいゴルフを見せてくれそうだ。
本文
>>常識外のプレーヤー渋野日向子のビッグスマイル!
>>菅沼菜々が仲良し4人組ではじける笑顔を披露!
>>35歳になった原江里菜を上田桃子らが祝福!

米女子ツアー2022シーズン終了!古江彩佳、渋野日向子、畑岡奈紗、笹生優花の1年を振り返る

LET’S SHARE

  • line

RANKING

【10月26日LIVE配信】PGAティーチングプロ選手権2022

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop