これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

メジャー2勝目をあげたミンジー・リー 写真:Getty Images

TOUR

WOMEN'S 海外

ミンジー・リーが全米女子を初制覇!日本勢最上位は小祝さくらの20位タイ

2022.06.07

第77回全米女子オープンの最終ラウンドは、3打差の単独首位でスタートしたミンジー・リー(豪)が2位との差を4打に広げて優勝。ミナ・ハリガエ(米)の逆転はならなかった。日本勢は、通算3オーバー20位タイの小祝さくらを筆頭に、予選を通過した5人が奮闘。昨年プレーオフ負けのリベンジをかけた畑岡奈紗は、通算5オーバー28位タイに終わっている。
◆海外女子プロツアー<全米女子オープン 6月2日~5日 パインニードルズロッジ&GC(米ノースカロライナ州) 6638ヤード・パー71>

メジャー2勝目のミンジー・リー「子供の頃からの夢がかなった」

 多くの選手が苦しむタフなセッティングできっちりフェアウェーをとらえ、グリーンに乗せる。リーのプレーには危なげがほとんどない。1番パー5で7メートルに2オンし、イーグル逃しのバーディー発進。2番では手前から8メートルのフックラインを沈めて連続バーディー。2位ハリガエとの差を6打に広げると、そのまま優勝への“一人旅”に突入した。

 5番と7番をボギーとしてもあわてない。12番では左上1.5メートル、15番パー5では8メートルを2パットのバーディーで取り返し、大きなリードを保ったままクライマックスへと向かっていく。

 16番パー3では7メートルから、18番では10メートルからいずれも3パットでボギーを打ったが、終わってみれば4バーディー、4ボギー。通算13アンダーで、ハリガエとの差を4つにして、ビッグタイトルを手にした。

 プレー中は大ベテランのような落ち着きを見せていたが、ホールアウト後には26歳の素顔をあらわにした。「何と言っていいかわからない。今はまだ信じられない。すごく特別で誇らしいこと。子供の頃からの夢がかないました。やった!信じられない」と、頬を紅潮させた。

 昨年のエビアンマスターズに続くメジャー2勝目。これで一気に米女子ツアーのポイント制ランキング、ロード・トゥ・CMEグローブシーズンでトップに躍り出た。

母国のスカラシップが成長をあと押し

 オーストラリアのパース出身で、ミドルティーンだった2013年、2014年に豪州上司アマで連覇。母国のスーパースター、カリー・ウェブの名がついたユースプログラムにあるスカラシップ(奨学金)を受けて成長した。

 全米女子オープン初出場は2014年。舞台は、ここ、パインニードルズからほど近いパインハーストリゾート&CC(No.2)だった。以来、毎年、出場権を獲得し、9回目の出場で頂点に立った。奇しくも大先輩、ウェブが2001年に大会連覇を果たしたのと同じコースでのことだった。

 16歳だった2012年に全米ガールズジュニアでも優勝しているリーは、史上7人目の同大会と全米女子オープンを制した選手になる。これでミッキー・ライト(米)、ジョアン・カーナー(米)、ホリス・ステイシー(米)、エミー・オルコット(米)、インビー・パーク(韓)、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)というそうそうたるメンバーの仲間入りを果たしたとも言える。ウェブと同じ連覇をかけて挑む来年の大会は、ペブルビーチGL(カリフォルニア州)で行われる。

20位タイの小祝は今後のメジャー挑戦に意欲。畑岡は悔しい28位タイ

日本勢最上位の20位タイと健闘した小祝さくら(写真は3日目) 写真:Getty Images

 日本勢は15人が出場していたが、予選を通過して最終日まで残ったのは5人だけ。ディフェンディング・チャンピオンの笹生優花、2019年全英女子オープン優勝者である渋野日向子の2人も姿を消している。

 最も健闘したのは、通算3オーバー20位タイとなった小祝さくらだ。タフなセッティングの中で4日間、72ホールダブルボギーを叩くことなくしっかりと戦い続けた。日本勢の中でただ一人、前週の日本ツアー、リゾートトラストレディスに出場して優勝した勢いのままに参戦。142試合連続出場を誇る”鉄人“らしい選択が、結果的に奏功した。

 「上がってみたら意外に(順位が)下がっていなくてビックリ」と、メジャー経験の少なさをのぞかせつつも、満足感と悔しさが入り混じる。「またリベンジで全英とか全米オープンにチャレンジしていければって思ってます」と、貪欲なところも見せた。

畑岡奈紗のリベンジは来年に持ち越された(写真は2日目) 写真:Getty Images

 昨年、笹生にプレーオフで負けて2位に終わった悔しさを晴らそうと臨んだ畑岡奈紗は、通算5オーバーの28位タイ。「望んでいた結果とは程遠くて残念です。これだけバーディー取れたのにオーバーパー」と、出入りの激しいゴルフに疲れた表情を見せた。

 タフなセッティングとはいえ、さすがに4日間で5つダブルボギーを叩いては、いくらバーディーを取っても追いつかないことを実感し、今後のメジャーでの戦い方に生かすつもりでいる。

 そのほか、日本ツアー今季5勝の西郷真央が通算8オーバー44位タイ、アマチュアの馬場咲希が通算9オーバー49位タイ、高木優奈が通算19オーバー69位タイで4日間の大会を終えた。

ミンジー・リーが全米女子を初制覇!日本勢最上位は小祝さくらの20位タイ

LET’S SHARE

  • line

RANKING

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop