これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

写真:Getty Images

TOUR

WOMEN'S 海外

古江彩佳は米ツアー初優勝は逃すもメジャー前週に納得の2位!!

2022.05.31

古江彩佳が全米女子オープン直前に2位となり、自信を深めた。米女子ツアーでただ一つのマッチプレー、バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレーで、古江はしぶとい戦いを続けて決勝に進出。2009年全米女子オープン優勝のチ・ウンヒ(韓)に惜しくも敗れたものの2位となり、LPGAツアーでの初優勝が近いことを思わせた。
◆海外女子プロツアー<バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー 5月25日~29日 シャドウクリークGC(米ネバダ州) 6804ヤード・パー72>

粘り強く6マッチを勝ち抜き決勝へ

 27日に22歳の誕生日を迎えた古江が、7マッチの激闘を戦い抜いた。

 全米女子オープン前週のマッチプレーに日本勢として唯一、出場した古江は、1組4人が総当たりでぶつかり各組1位の16人だけが残れる『ラウンド・オブ16』に進出。準々決勝ではジュディ・エワート・シャドフ(英)に4ダウンまでリードを許しながら、最終ホールでオールスクエアに持ち込み。22ホールを戦って逆転勝ちしてみせた。

 29日午前中の準決勝ではリリア・ヴ(米)を2アンド1で下して、午後にはチ・ウンヒと18ホールの決勝にコマを進めた。

前半は一進一退の戦いも、9番のイーグルで流れはチに

 タフなセッティングに強風が吹く最終日。それでも、古江はメジャー優勝経験のあるチを相手に踏ん張った。

 ルーキーシーズンの今季、9試合に出場してトップ10入りはないものの、予選落ちもない。しぶとく戦い続ける古江らしく、ポーカーフェイスで決勝を戦った。

 3番ボギーで1ダウンとしたが、4番ではチがボギーでオールスクエア。7番でもチがボギーを叩いて、パーの古江が1アップ。8番はチがバーディーで再び勝負は振出しに戻る。

 互いに疲労困憊の必死の決勝。だが、チの1打がそのムードを吹き飛ばした。

 9番パー5の第3打を直接カップにブチ込んで、イーグルを奪ったのだ。

 残り92ヤードの会心の1打は、2年以上、勝利から遠ざかったメジャー王者をよみがえらせた。

 続く10番で古江がボギーにして2ダウン。ここまでの戦いならここから盛り返した古江だったが、11番でこのマッチで唯一のバーディーを奪ってその気配を見せるのがやっと。さすがにそのパワーは残っていなかった。

 2ダウンで迎えた16番でボギーを叩き、3アンド2でチに屈した。

疲労よりも自信を持ってメジャーへ

自信をもって全米女子オープンへ 写真:Getty Images

 「本当にタフなコンディションでした。風が強い中、体だけでなく脳もすごく疲れました」。終了後、古江は、そう本音を漏らした。あと一歩のところで初優勝を逃した悔しさは隠しきれない。

 その一方で、初めて2位となった自信ものぞかせる。4人1組が総当たりの”予選“を2勝1引き分けで勝ち上がり、その後も3戦を勝ち抜いて決勝まで進んだのだから当然だろう。

 QTで出場資格を得て臨んでいる今季は、とにかく出られる試合に出場して結果を出すため、米ツアーに専念している。その成果が、今回の結果につながっているのは間違いない。

 次週がメジャー第2戦の全米女子オープンということもあり、他の日本勢は1人も出場しなかった今大会にも、迷わず出場。決勝まで残った。疲労と引き換えにしても、メジャーに挑む武器として、この自信は大きい。

 昨年、笹生優花がプレーオフで畑岡奈紗を下して優勝したビッグトーナメントを、米ツアーでの経験を重ねた古江はどう戦うのか。マッチプレー2位の実績と、持ち前のアプローチのうまさ、粘り強い戦いぶりがあれば、チャンスは見えてくるに違いない。

古江彩佳は米ツアー初優勝は逃すもメジャー前週に納得の2位!!

LET’S SHARE

  • line

RANKING

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop