これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

写真:Getty Images

TOUR

WOMEN'S 海外

渋野日向子 最終日猛追も届かず!ロッテ選手権で2位フィニッシュ

2022.04.19

渋野日向子が米女子ツアーのロッテ選手権で通算9アンダーの単独2位でフィニッシュ。優勝したキム・ヒョージュに一歩及ばなかったが、着実に成長を遂げていることを世界のゴルフファンに知らしめた。
◆米国女子プロツアー<ロッテ選手権 4月13日~16日 ホアカレイCC(ハワイ州) 6303ヤード・パー72>

3打差首位発進のキム・ヒョージュを猛追するも…

 米女子ツアー「ロッテ選手権」の最終日。首位と3打差の2位から出た渋野日向子は逆転優勝を狙い、果敢に攻めのゴルフを展開。背中を追うのは韓国のキム・ヒョージュだった。

 渋野の頭に優勝のチャンスがチラついたのは、17番パー4。キムがボギーにして10アンダーとなり、渋野は9アンダーの1打差に迫った時だった。

 最終18番。追いつきたい渋野は、2打目を2オン狙いで勝負に出た。しかしグリーン手前でバウンドした球はバンカーへ。

 「やっぱイーグル取らんと無理だろうな、と思ってはいました。果敢に攻めた結果です」

 ここをパーとした渋野に対し、キムの第3打のウェッジショットは50センチにつくスーパーショット。

 「あれはね、もうバンザイでしょ。あの状況で、私には打てない」と、相手に拍手を送っていた。

 キムは18番をバーディーとして、通算11アンダーで通算5勝目をマーク。一方の渋野は最終日を2バーディー、ノーボギーで回り、通算9アンダーの単独2位で堂々のフィニッシュを果たした。

 「前半(グリーンに)乗らなかったところが多かったけど、ノーボギーで回れたのはよかったです。後半、チャンスを決めきれなかったのが悔しい」

米ツアールーキーながら来季のシード権はほぼ確実に

 米ツアー新人1年目の渋野だが、着実に成長を遂げている。すでに来季のシード権の獲得もほぼ確実視されている。

 来季シード権を獲得するためには、シーズン終了までに「CMEグローブ・ポイントランキング」80位以内に入る必要がある。渋野は前週39位から日本勢トップの15位(498・625点)に順位を上げており、前半戦で少しは心の余裕ができたはずだ。

 「優勝はできなかったですが、個人的にはよく頑張った結果かな」

 すでにメジャー初戦のシェブロン選手権でも4位と結果を残し、今大会でも2位と絶好調。今季の初優勝は近いかもしれない。

渋野日向子 最終日猛追も届かず!ロッテ選手権で2位フィニッシュ

LET’S SHARE

  • line

RANKING

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop