これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

(左から)渋野日向子、永井花奈、西村優菜 写真:Getty Images

TOUR

WOMEN'S 国内

日本勢は明暗。躍進した永井花奈、収穫無しの渋野日向子、経験を積んだ西村優菜

2022.11.07

◆日米女子ツアー共催<TOTOジャパンクラシック 11月3日~6日 瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)6616ヤード・パー72>

最終日に65を叩き出し、日本人トップとなる2位に入った永井花奈。期待された渋野日向子は、多くのギャラリーを引き連れながらも思うようなプレーを見せられなかったと肩を落とした。一方の西村優菜は、来る米QTに向けて経験と自信を手にした。

永井花奈は“おみくじ効果”で65!

最終日のチャージで2位に入った永井花奈 写真:Getty Images

 最終日、日本勢の中で唯一気を吐いた感のあるのが永井花奈。
本文
>>常識外のプレーヤー渋野日向子のビッグスマイル!
 前週まで2週連続予選落ちしての今週だったが、最終日は65。単独2位に入る急上昇フィニッシュに成功した。

 「後半の2ホール目で飲んだ飲み物におみくじが付いていて、それを開けたら『大大吉』。これはもう、何をやってもうまくいくと思ってプレーしたら、本当にうまくいった」と明るい表情で振り返った。

渋野日向子は反省の弁のオンパレード

渋野日向子は不本意な結果にがっくり 写真:Getty Images

 人気ナンバーワンの渋野日向子は、結局通算1オーバーの64位と不本意な形で4日間を終え、「何もできなかった4日間だった」とがっくり。

 さらに日本での2週間で得た収穫についても、「ないですね。ない」と厳しい現状を明かした。

 その渋野には、連日子供たちが応援に駆けつけていた。実はこの子供たちは、「私がゴルフを始めてから高校まで習っていた同級生のお父さん、インストラクターなんですが、その先生に習っている子たち。後輩というか、お友達」(渋野)だという。

 「全くいいところを見せられなくて申し訳ないです」と反省しきり。だが、「あの子たちがいたから頑張れたというところもある」と、子供たちに感謝の言葉も口にした。

 唯一前向きだったのは、「(最終戦に向けて)まずはいっぱいご飯を食べます」という言葉。

 とりあえず、おいしいものを食べて気分転換、というところから始めるしかない。

西村優菜は試合で予行練習

西村優菜は米ツアーのQT受験に向けたいい予行練習に 写真:Getty Images

 米ツアーのQT受験を控えている西村優菜は、通算13アンダーの4位で4日間を終了。

 「(米ツアー組は)スケールの大きいゴルフをする選手が多く、きょう回った選手なんかは50ヤード先。400ヤードを超えるパー4以外は、全部ショートアイアン。楽そうだなと思っていました」と、パワーの差を改めて実感した様子。

 4位に終わったことで、優勝してQT免除という夢はついえたものの、挑戦意欲はしぼんでいない。

 「QTに行ってもそういう選手が多いと思うので、その中でどれだけ自分のゴルフができるか。予行練習じゃないですけど、そんな感じで回っていました。自分がとにかくバーディーパットが打ちやすいところに置こうと」と、QT対策モードに入っていたことを明かした。
本文
>>ゴルフを教えるプロたちの日本一は誰だ!
>>馬場咲希の原点 多摩キッズを深掘り!
>>新宿から電車で1時間!ビギナーにもおススメ「1dayゴルフ旅行」はいかが

日本勢は明暗。躍進した永井花奈、収穫無しの渋野日向子、経験を積んだ西村優菜

LET’S SHARE

  • line

RANKING

【10月26日LIVE配信】PGAティーチングプロ選手権2022

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop