これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

仲間からのウォーターシャワーを浴びる星野陸也 写真:JGTO images

TOUR

MEN'S 国内

星野陸也が今季初優勝!溢れ出た地元・茨城への思いと感謝

2022.10.31

◆国内男子プロツアー<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 10月27日~30日 PGM石岡ゴルフクラブ(茨城) 7039ヤード・パー70>

2位に1打差をつけて単独首位でスタートした星野陸也が1イーグル、5バーディーの63をマーク。通算22アンダーまでスコアを伸ばし、地元・茨城で今季初優勝を飾った。ツアー6勝目は2位のチャン・キムと岩﨑亜久竜に5打差をつける圧勝だった。

涙、涙の優勝の裏にあった地元で勝つことへの思い

地元のファンからの温かい声援に思わず涙 写真:JGTO images

 期待を裏切り続けたことへの申し訳ない思いと、それでも温かい声援を送り続けてくれる「地元応援団」への感謝の気持ち。コースから車で30分の笠間市出身の星野は、サンデーバックナインで後続を突き放すと、ギャラリーの人ごみに多くの知人を見つけてしまう。
本文
>>馬場咲希の原点 多摩キッズを深掘り!
 こうなると、なかなか平常心では、いられない。こみ上げてくる思いから、すでにウルウルしかかっていたという。

 昨年の東京オリンピックには、同じ笠間市出身の畑岡奈紗とともに出場権をゲット。わずか4人の代表のうち、2人が笠間市出身とあって地元は大いに盛り上がり、メダルへの期待も膨らんだ。

 だが、結果は稲見萌寧が銀メダル、松山英樹が銅メダルのプレーオフの末4位だったのはご存じの通り。38位という結果に、星野は「正直、悔しい気持ちでいっぱい」と肩を落とした。

今年も3度、地元Vに失敗

 今年もその流れが断ち切れなかった。

 4月に同じPGM石岡GCで行われた「ISPS HANDA 欧州、日本、とりあえず今年は日本トーナメント」では、優勝した桂川有人に1打差の2位に終わった。

 5月に大洗GCで行われたダイヤモンドカップも6位。さらに6月、実家から車で10分という宍戸ヒルズ西Cで行われた日本ゴルフツアー選手権も5位。茨城での地元Vへの期待は、毎月のように高まってはしぼんだ。

 それだけに「勝ちたい」という思いは強かった。

終盤でとどめとなる圧巻のカップインイーグル

4回目の正直での地元Vにガッツポーズ 写真:JGTO images

 2位に4打差をつけて迎えた16番のパー5。グリーン右手前のバンカーから30ヤードのショットを直接叩き込むイーグル。残り2ホールで後続に6打差をつけるとどめの1発でついに悲願の地元初Vをたぐり寄せた。

 「4回目だったので、今度こそはという思い」がかなったことで、星野の目からはとめどなく涙があふれ出た。

 その目が狙うのは、逆転賞金王。

 賞金ランキングは7,923万457円で2位の桂川とは僅差の3位。残りは5試合だがビッグトーナメントが続くだけに、比嘉一貴につけられている約5,600万円の差は、決して逆転不可能な数字ではない。
本文
>>【動画】ゴルフを教えるプロたちの日本一は誰だ!
>>常識外のプレーヤー渋野日向子のビッグスマイル!
>>いまさら聞けない!ゴルフでマナーが大切なワケ

星野陸也が今季初優勝!溢れ出た地元・茨城への思いと感謝

LET’S SHARE

  • line

RANKING

【10月26日LIVE配信】PGAティーチングプロ選手権2022

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop