新解釈のゴルフ専門Webマガジン
4月15日創刊!!

投票はこちらから

2022

PGAティーチングプロ
アワード最終選考

あなたの1票がティーチングプロのNO.1を決める!

Scroll

一般ゴルファーにゴルフの技術や楽しさを伝えるティーチングプロのレッスン理論の中で、特に優れたものを表彰するために行われているPGAティーチングプロアワード。2022年の最終選考に残った3人のファイナリストの中から、最も優れたティーチングプロを皆さんに選んでいただきます。まずは3人のテーマ発表動画をチェックして、わかりやすい、面白い、ためになったなど、どんな理由でも構いませんので、一番良かったと思うファイナリストに投票して下さい。投票に参加してくださった方には、抽選で豪華PGAグッズが当たるチャンスも!あなたの1票が、今年のティーチングプロNO.1を決定します!

Finalist

Entry

01

*

河邊雄一郎

Yuichiro Kabe

1981年生まれ Y‘s GOLF LAB所属
ティーチングプロA級

体育大を出て、いろいろなスポーツに触れてきた中で、ゴルフは難しいスポーツだと思います。それを楽しい方向に導くような、常に飽きさせないレッスンを心がけています。ゴルフを楽しむ秘訣は、やはりスコアアップ。スコアアップを目指す人、とくにスライスに悩むすべての人に、私のレッスンを見ていただきたいと思っています。

Entry

02

*

中村英美

Hidemi Nakamura

V・J・Golf所属
ティーチングプロA級

女性として飛距離にアドバンテージがない中で競技としてのゴルフに向き合ってきたからこそ、アマチュアの方が抱える悩みがわかります。クラブに仕事をさせることで、方向性や飛距離の習得を目指します。ゴルフは健康増進やコミュニケーションツールとしても有用な、長く続けられるスポーツ。そんなゴルフを年齢に関係なく楽しめるようなレッスンを心がけています。

Entry

03

*

草場翔

Sho Kusaba

1982年生まれ アールイーゴルフスクール所属
ティーチングプロB級

もっとも伝えたいのは、飛距離は生まれ持った才能だけではなく、適切なトレーニングで伸ばすことができるということ。始めたてでうまく飛ばない人、シニアになって思うように飛ばずゴルフを辞めてしまう人。そんな方々にも、もう一度ゴルフの楽しみを見つけて欲しいと思っています。

*

PGAティーチング
プロアワード2022の
投票に参加して
豪華PGAグッズをGetしよう!

**

ゴルフ傘1名様・PGAボストンバッグ2名様・ランチトート3名様・ポーチ6名様・ペットホルダー10名様・グリーンフォーク5名様・ナップザック5名様 計32名様 ※画像はイメージです。※応募は1人1回のみです。複数当選はありません。
※当選は当選者への発送をもってかえさせていただきます。

Sponsored by PGA / All Rights Reserved Golf M