これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

NEWS

LESSON

なぜ印刷会社が!?ビギナー向けのゴルフトレーニングシステムを開発

2022.08.14

総合印刷会社の凸版印刷が、スポーツトレーニング領域においてアスリートの動作解析を基にした、ゴルフ初級者のスイングを効率的に改善するトレーニングシステムを日本体育大学と共同開発。ゴルフ事業者に向けたレッスンの支援サービスとして提供を開始しました。

印刷会社と大学が共同研究したゴルフトレーニングシステム

 今回開発されたゴルフトレーニングシステムは、2020年から日本体育大学と共同研究している「標準動作を活用したループ型動作トレーニングシステム」で、スポーツバイオメカニクスに基づく複数のゴルフアスリートの動きを平均化した「標準動作」と比較して、自らの動作の改善点を抽出し、可視化することが可能となる仕組みです。

お手本となる「標準動作」との比較で改善点を可視化
 

 スポーツにおいては正しい動作を身につけることが、上達、怪我防止、選手寿命の延長に必要不可欠。このゴルフトレーニングシステムを活用することで、初級ゴルファーが抱える、「美しいスイングを身に付けたい」「我流で練習したためオーソドックスなスイングを体得したい」「スイングが安定せず飛距離が出ない」などの課題の解決を目指すということです。

お手本動作との比較で改善点を可視化

 実際のトレーニングでは、複数のゴルフアスリートの動きを平均化したお手本動作である「標準動作モデル」と自分のスイングを比較することで、自分の動作の改善すべきところを抽出、可視化することが可能に。

 その改善点に基づいたアドバイスを踏まえて練習を繰り返すことで、最適かつ効率的に美しいスイングを習得することができます。

目で見て理解するトレーニングで上達時間を短縮

6つの場面に分けたお手本動作とレッスン前後の動きを比較
 

 6つの画面のお手本動作と自らの動作を重ねることで、これまでの言葉による感覚的な指導に比べ、目で見て理解するトレーニングが実現。

 さらに、レッスン前とレッスン後の動きを動画で比較することで、改善された動作を確認することも可能に。上達までの時間を短縮する効果が期待されるということです。
 凸版印刷では、このゴルフトレーニングシステムをゴルフレッスン指導員用としてのほか、日本プロゴルフ協会(PGA)から正式に推薦されているゴルフ用弾道測定機「SkyTrak(スカイトラック)」とのセットで、ゴルフ事業者に向けたレッスンの支援サービスとして提供を開始するとのこと。

 さらに今後は、指導メソッドをAI化し、動作改善のワンポイントアドバイス等を行うセルフトレーニングシステムの開発も進めていくということです。
●凸版印刷

なぜ印刷会社が!?ビギナー向けのゴルフトレーニングシステムを開発

LET’S SHARE

  • line

RANKING

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop