これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

プロ意識の高いフィル・ミケルソン 写真:Getty Images

COLUMN

SERIES

フィル・ミケルソンが断固拒否したあるシーンとは!?【舩越園子 ゴルフの泉】

2022.10.22

プロゴルファーには獲得賞金のほかに、いわゆるスポンサー契約というものが存在します。そのためには自身をどうプロデュースするかもプロとしての大事な仕事の一つです。今回はそんなプロ意識に溢れたお話です。

食べるシーンはNGだったミケルソンの心理

 アメリカゴルフ界のスター選手、フィル・ミケルソンは、いつも自分が信じることを徹底的に貫き通してきましたが、その姿勢はファンサービスや家族最優先だけではなく、自身のイメージの維持確保にも見て取ることができました。
本文
>>松山英樹がアメリカの少女に見せた神対応とは!?
 全米各地には「イン・アンド・アウト」というハンバーガー・ショップがあります。アメリカでは人気のハンバーガー・ショップです。

 ある時期、ミケルソンはそのハンバーガーが大好きになり、「昨日もディナーはイン・アンド・アウトに行った」「ほかの選手たちも来ていて、みんなで一緒に食べた」などと、しばしば話していました。

 その話をアメリカゴルフ界での「話題」、「流行」として日本に紹介しようと思った私は、ミケルソンに「あのハンバーガーを食べるところを撮影させてくれませんか」と頼んでみました。

 しかしミケルソンからは「ダメダメ。食べる姿を撮影した写真を雑誌に掲載されると、僕のイメージが損なわれる」と言われ、残念ながら撮影は実現できませんでした。

食べている姿にも気を使わなければならないプロって本当に大変

セルフプロデュースもプロの大事な仕事の一つ 写真:Getty Images

 なぜ、食べるシーンの写真が掲載されるとイメージダウンになるとミケルソンが思ったのか、その理由は、尋ねてみても、よくわかりませんでした。でも、一度「ノー」と言ったら、彼はなかなか撤回しないことはわかっていたので、私はあっさり依頼を引き下げました。

 しかし、ミケルソンがスター選手としての自分のイメージを一生懸命、守ろうとしていたことだけは、よくわかりました。

 その後、アメリカツアーでは、あのハンバーが大人気になり、「イン・アンド・アウト」がスポンサーになって、試合会場にキャディのための休憩用テントを特設するなど、ハンバーガー・ショップとアメリカツアーには密接な関係が築かれています。

 そのきっかけがミケルソンだったんだなと思うと、彼の存在感が一層大きく感じられます。

文/舩越園子(ゴルフジャーナリスト)
本文
>>いまさら聞けない!スロープレーがダメなわけ
>>東京駅直結!穴場のフィッティングスタジオ
>>大人感のあるカジュアルウェアでイケてるゴルフ男子に!

フィル・ミケルソンが断固拒否したあるシーンとは!?【舩越園子 ゴルフの泉】

LET’S SHARE

  • line

RANKING

【10月26日LIVE配信】PGAティーチングプロ選手権2022

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop