これからのゴルフは、もっと身近に、もっと楽しく。

FOLLOW AS

2005年の全米プロで優勝したときのミケルソン一家 写真:Getty Images

COLUMN

SERIES

フィル・ミケルソンの妻と子の勝負服にこめられた家族の願い【舩越園子 ゴルフの泉】

2022.06.25

最近何かと話題にあがることの多いアメリカゴルフ界のスーパースター、フィル・ミケルソンですが、ミケルソンが優勝するときのおきまりといえば、きれいに着飾った家族たちと18番グリーンで喜びを分かち合う姿でした。今回は、その喜びのシーンを演出するための家族の努力と思いについてのお話です。

ミケルソンの優勝時に家族がおそろいの衣装を着ている謎

 フィル・ミケルソンがウイニングパットを沈めた途端、愛妻エイミーと3人の子供たちが駆け寄ってきて、ミケルソンとキスやハグをするシーンは、アメリカのゴルフ界ではお馴染みの場面でした。エイミーと子どもたちは、いつも舞台衣装のようなヒラヒラの服に身を包んで18番グリーンの脇に現れ、「パパ―」と駆け寄って家族5人で喜び合う。その姿は、まるで映画のワンシーンのようでした。

 でも、なぜミケルソンが優勝するときに限って全員がおそろいのヒラヒラの衣装を着ているのか。それが、ずっと不思議だったのですが、ある日、ついにその謎が解けたのです。

スター選手の活躍の裏側で、勝利を願う家族の努力

 2005年ごろのこと。ある試合の最終日の朝、ミケルソンの妻と子どもたちは4人とも普通の服装でした。しかし、ミケルソンが首位に浮上し、優勝するかもしれないという状況になったとき、妻のエイミーが子どもたちを連れて大急ぎでクラブハウスへ引き返していたのです。

 10分ほど経ったころ、4人はお揃いの衣装に身を包んで出てきました。そして、18番グリーン方向へ大急ぎで向かっていったのです。

 選手の家族用の部屋で「一部始終を偶然見ちゃった」という他の選手の奥さんの目撃談によれば、エイミーは、「エクスキューズミー、エクスキューズミー」と言いながら必死に人の波を掻き分けて選手の家族用の部屋の奥まで辿り着き、あらかじめ、そこに持ち込んであった大きなスーツケースの中から4人分の衣装を取り出して、まず自分が大急ぎで着替え、次に子どもたちを着替えさせながら、「パパが、また勝つのよ」と語りかけていたそうです。

子供の成長とともに服装にも変化が(写真は2013年の全英オープン) 写真:Getty Images

 スター選手の妻や子どもたちは、陰ではそんな努力をしていたことを知って、ちょっとビックリしました。でも、家族にとって、それは苦労ではなく、うれしい悲鳴だったはず。

 あのヒラヒラの服は、ミケルソンの勝利を願う妻と子の勝負服だったと知って、なんだか私も、うれしくなりました。

文/舩越園子(ゴルフジャーナリスト)

フィル・ミケルソンの妻と子の勝負服にこめられた家族の願い【舩越園子 ゴルフの泉】

LET’S SHARE

  • line

RANKING

AYA&ジョージ武井のStart up!ゴルフ

ゴルフSNSアプリ「Golf in one」

FOLLOW AS

  • youtube
  • instagram

pagetop